Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
テレビ

everyリポーターで落語家の柳亭市弥の本名は?結婚してるの?


今、何かと話題なNEWS every.そこで本職ではないですが
落語家の柳亭市弥さんがリポーターとして活躍しています。

顔も整っていてじわりじわりと人気がでてきている
柳亭市弥さんはどのような経緯でこの落語家の道を
目指したのか、結婚しているのかなど、
気になるところを調べてみました。



Sponsored Link


柳亭市弥さんのプロフィール


本名 関戸 俊平(せきど しゅんぺい)
生年月日 1984年2月10日(34歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都世田谷区
師匠 柳亭市馬
名跡 1. 柳亭市也(2008年 – 2012年)
2. 柳亭市弥(2012年 – )
出囃子 春どう
活動期間 2008年 –
活動内容 落語家
所属 落語協会

引用元wiki

プロフィールをみてわかることは、
柳亭市弥(りゅうてい.いちや)というのは芸名でした。

しかも勝手な印象ですが落語というと結構年配の
落語家の方が噺してと思っていましたが、
若くそしてイケメンの方なので、これは
女性ファンが多くいそうな印象をうけますね。

最終学歴は玉川大学卒業とのことです。
そこからすぐに落語の道に行ったのかと言ったら
そうではなく1度広告代理店に就職をされていました。

ではどのような経緯で落語家の道を進むことになったのか

柳亭市弥さんが落語家を目指したきっかけとは


柳亭市弥さんが落語家を目指すきっかけですが

就職していた広告代理店での突然の大阪への転勤を命じられ
東京出身の柳亭市弥さんはいきなり知らないところへの転勤
しかも知り合いや友達もいるわけではないので、

仕事が、休みのときでもストレス発散できるわけでもない
生活が続いたようです。

その時に目に入ったのが落語の寄席だったそうです。

周りのお客さんとともに落語家の噺で笑ったり、しているうちに
どんどん落語のおもしろさにハマっていき、

自然と落語の世界を目指すようになったそうです。

そしてその柳亭市弥さんの癒やしとなった寄席にかよっているうちに
のちの師匠となる柳亭市馬さんの話し方に惚れ込み、弟子志願を
しました。

もちろんまだサラリーマンとして働いていましたが
実家の両親を説得し柳亭一門の扉を叩き2007年に弟子入りされました。

柳亭市弥さんも「自分が仕事で辛かった時、落語を見て救われた」と
語られていたので落語に魅力、面白さを現代に伝えるべき落語家の
一人と言える人物ではないでしょうか?

柳亭市弥さんは彼女いるの?結婚してるの?

女性ファンが多いためかこのようなワードがよく検索されています。

独自の判断にもるものですが柳亭市弥さんのブログや、
ツイッターといったSNSなどを調べて見る限り、

そのような影はないと判断しました。
落語界は代々昔から続く伝統的なものであり、

上下社会がしっかりしています。
一般的に年齢的には社会の折返し地点にきている
年齢ですが、落語界ではまだまだ全然若手の存在なので

恋愛云々しているヒマなどないのかもしれませんね。



Sponsored Link


柳亭市弥さんについてこの記事のまとめ

・柳亭市弥さんは芸名で本名は関戸 俊平(せきど しゅんぺい)
・最初から落語家を目指していたわけではなく脱サラで落語家の道に進んだ
・SNSを見る限り、彼女の存在や結婚している事実はなさそうだ。

ニュースのリポーターやテレビの露出が増えることで
若い世代が柳亭市弥さんに興味をもち、そこから
落語面白そうと思ってもらえるような
時代を作ってくれるのではないでしょうか。

柳亭市弥さんとても注目な落語家さんです。



Sponsored Link